頼れるリアリストタイプは、堅実で、責任感が強いです。正確性を求め、控えめな性格ですが、同時に要求も高いです。彼/彼女らの一番の特長は、信頼性であり、あらゆる努力をして約束を守ります。彼/彼女らは、大人しく、真面目な性格で、あまり自分からは話しませんが、良い聞き手であることが多いです。知らない人からすれば、彼/彼女らは、ユーモアや機知を持っているにも関わらず、控えめで、他人と距離を置いているように見えるかもしれません。

/彼女らの長所は、完璧性や公正さ、強情とも言える頑固さ、そして、実際的で精力的な目的志向のやり方で物事を行うことです。何かを進めなければならないとき、頼れるリアリストは躊躇しません。彼/彼女らは余計なことは言わずに、淡々と必要なことを行うのです。

このタイプの人は、自分にも他人にも多くのものを求めています。彼/彼女らが一度こうと決めたら、それを覆すのは簡単ではありません。彼/彼女らは、何事も運任せにするのが好きではないのです。しっかりと計画することが彼/彼女らにとっては、安心材料になります。秩序や訓練も同様です。権威や上下関係といったものも大事にしますが、仕事を誰かに任せるのは好きではありません。他の人は、自分と同じようには熱心に取り組まないだろうと思ってしまうのです。管理職としては、仕事に一途なので、物事がスムーズに進むように取り計らいます。職場で、個人的な関係を築くことにそれほど興味はありません。

恋愛関係においても、頼れるリアリストは、やはり頼りになります。パートナーとして、彼/彼女らは、誠実で一途、考え方のバランスが良く、分別があります。安心と安定が、彼/彼女らにとっては大変重要です。浪費や気まぐれに時間を割くことはありません。彼/彼女らは、友人としても、パートナーとしても、生涯付き合える存在になるでしょう。しかし、恋人関係や友情が成立するまでには、長い時間がかかります。人脈をそれほど必要としてはいません。だからこそ、恋人や友達選びは慎重に行い、彼/彼女らの高い要求に応えられるごく限られた付き合いに限定してしまう傾向にあります。大切に思っている人に対しては、行動でそのことを示そうとします。恋人となる人は、彼/彼女らからロマンティックな愛情表現を期待しない方がいいでしょう。

あなたの性格のタイプをシェアする
Get Career Advice for your Personality Type in the English version of iPersonic!

Get Career Advice  ►
Every 6 seconds a child under five dies.